めまい・ふらつき 色々な病気コーナー<漢方相談>

 

めまい・ふらつき

めまい・ふらつきのお客様体験談
めまい・ふらつきのご相談方法
東洋医学的解説  西洋医学的解説  気になる予算は?

めまい・ふらつきの東洋医学的解説
めまい・ふらつきの得意度4

めまい・ふらつきがあるのに、三半規管が正常の場合は、自律神経の働きが落ちたのでしょう。
といわれることが多いのですが。病院の検査で異常がないのに、ふらついたりするのは心配でどこへいっていいのやら・・という相談を良く受けます。
検査で異常がなくても、漢方ではいくつか理由を説明することが出来ます。

血液の全体量が足らないため起こるめまい・ふらつき
これは、貧血検査に異常がなくても全体量が不足しているとなります。
そもそも、貧血検査とは血液の一部を取って成分を調べるものです。
その人それぞれの体格に合わせた適切な血液量があるのかないのか?
という検査ではありませんね。
全体を養いきれない量であれば、こういった症状が出ます。
血液を増やす食べ物を積極的に食べて、サプリメントを利用するのも良いでしょう。

体に余分な湿気が溜まっている
めまい・ふらつきがある方は、今度 鏡の前で、アッカンベーをしてみてください。
舌がなんとなくぼてっとしていて、舌苔が沢山あるようだったら、体に余分な水分が溜まっているため、めまいが起こったといえます。

漢方では、それを、湿タイプといいます。

<あなたは、湿タイプ?>
・湿タイプの特徴として、天気が悪いと極端にだるくなる。
・気分にむらがある。
・水をがぶがぶ飲んで下痢したりする。
・車に良く酔ってしまう。
・吐き気が起こったりする。

これらに該当する人は、湿タイプ。
普段から冷たいものを控え、アルコールや脂っこいものを食べないように気をつけましょう。

睡眠不足からめまい・ふらつきがある
なにかちょっとした原因から人は不眠症になります。
夜ぐっすり寝れない日が続けば、ふらふらしてきます。
睡眠はとても大事です。
睡眠薬の前に漢方で体力をつけながら睡眠をうながすようなもので体力アップの睡眠を心がけましょう。

睡眠薬が必要な方も、連用しているうちに徐々に強い薬になっていきます。
漢方でバランスを整えながら西洋の睡眠薬を徐々に減らしていくように努力しましょう。

ACSYS UNではこう対応します!!

体質によって、方法が違います。
血液の全体量が不足している  ・・・・ 血液を増やすような漢方薬やサプリメントで
体に湿気が溜まっている ・・・・ 体の湿気を尿としてだしてあげたり、取り除いてくれるような漢方で
不眠によるふらつき ・・・・ 睡眠を促すような漢方(体力アップによって睡眠を改善)で

色々電話でお話していただいて、こちらで一番良いと思うものをお選びしたいと思います。

ミネラル不足なあなたに!お勧め商品のご紹介
シーちゃん先生やアクシスアンスタッフも愛飲♪
自然由来のものを中心に原料にした、健康食品『Un's Body Care(アンズボディア)は体への吸収も良く、ミネラルも豊富に含まれています!!
「ミネラル不足かも…」という方は1度お試しになってみては!?              >>詳しくはこちら


Un's Body Care お試しパック
Un's Body Careお試しパック

Un's Body Care(アンズボディケア)
Un's Body Care

様々な体調不良に!お勧め商品のご紹介
アクシスアンの自社製品 第2号、豚プラセンタ使用
健康食品『Un's Placenta(アンズプラセンタ)女性ホルモンや自律神経のバランスを調節する働きがある他、免疫力・抵抗力を高める作用があります。

>>詳しくはこちら


Un's Placenta(アンズプラセンタ)お試しサイズ
Un's Placentaお試しサイズ


Un's Placenta(アンズプラセンタ)
Un's Placenta


めまい・ふらつきのお客さま体験談

めまい・ふらつきの改善例はこちら。

お客様の貴重な体験談を掲載させていただいてます!
お読みになるときっと勇気が湧いてきますよ♪
めまい・ふらつきのお客様体験談
めまい・ふらつきのご相談方法

めまい・ふらつきの気になる予算は?

めまいがいつ頃から出ているのかにもよって、改善までに日数が違ってきます。
基礎体力があるなしでも反応力が違ってきます。
飲んですぐに改善する人もいれば、そうでない人もいらっしゃいます。

根気強く飲むことを前提としていただければと思います。

お出しする商品の組み合わせによりますが、 
予算は  1ヶ月 ¥15,000〜 ひどい場合は ¥25,000〜30,000。 
他に症状がある方は、¥35,000  です。

お客様の平均予算は ¥27,000位

<アクシスアンからのお願い。>
体験談には改善されましたお客様の実際かかった1か月分のご予算が掲載されております。
できましたら、該当するお悩みのお客様体験談をお読みになっていただき
ご自身の体の状態と一番近い方ご予算をご参考になさっていただけたら幸いです。


めまい・ふらつきの西洋医学的解説

めまいには、ぐるぐる回るような気がする回転性、ふわふわして浮き上がりそうな浮動性、目の前が真っ暗になるような眼前暗黒感、そしてちょっとした立ちくらみなどがあります。この中で回転性めまいは、内耳を始めとする抹消前庭障害から多く発症します。ちなみに、浮動性は中枢前庭障害(主に脳幹および小脳の障害)、立ちくらみは血圧の急激な低下から起こることが多くなっています。

ある病院の調査によると、めまい・平衡障害で診察を受けた患者の約80%が内耳障害によるものだそうです。平衡機能系統に矛盾が生じるめまいはどうして起こるのでしょう。人間が二本足で立っても転倒しないのは、体の偏倚(かたむき)と立ち直りがスムーズに行われているからです。眼や内耳などが偏倚を見つけるセンサーとして働いて絶えず情報を脳幹や小脳に送っていますが、これらの器官に故障が起こると誤った情報が伝わってしまいます。体が傾いてもいないのに、故障したセンサー(内耳が有名)から「傾いたよ」という誤報が行くと、脳の司令室は立ち直りをするよう命令を出してしまいます。体は無理やり立ち直りを計ろうとし、この時めまいが起こるのです。

めまいが症状となる代表的な疾患には、メニエール病というものがあります。めまい、耳鳴り、難聴が特徴で、30〜50歳の女性にやや多く見られます。通常は片側だけの一側性ですが、両側例が10〜30%あります。具体的に言うと、まず側性耳鳴り・耳閉塞感・難聴が起こり、その後数時間にわたって回転性めまいが発生、強い吐き気、 嘔吐を伴います。メニエール病を引き起こす要因は特発性内リンパ水腫と考えられていますが、ではなぜリンパ水腫が起こるかは不明です。ただ、血管での内リンパ液の過剰、内リンパ液の流通障害、内耳動脈の循環障害、ウィルス感染などが推測されています。また、精神的ストレスや睡眠不足、過労なども要因に考えられています。

めまい・ふらつきの説明図1
    卵形嚢  
  前半規管 めまい・ふらつきの説明図2  
三半規管 半規管
 
外側半規管
球形嚢


蝸牛
    半規管膨大部の断面  




はじめての方はこちらのご相談方法をご覧ください!!


 

  会社概要採用情報プレスリリースリンクサイトマッププライバシーポリシーショッピング
copyright
めまい・ふらつき 色々な病気コーナー
全身(めまい・ふらつき)
各店お問合せ先番号/営業時間10:00〜18:30
漢方サロン アクシスアン 漢方のACSYS UN トップページへ
line
HOME
女性のカラダ
男性のカラダ
いろんな病気
声・体験談
漢方一覧
店舗紹介
ご相談方法
line
シーちゃん先生
シーちゃん先生の部屋
スペース
あったかショッピングはこちら
スペース
中国の知恵に学ぶ
女性のカラダ相談
男性のカラダ相談
色々な病気コーナー
声・体験談
メールマガジン