漢方サロン アクシスアン 漢方のACSYS UN トップページへ
line
HOME
女性のカラダ
男性のカラダ
いろんな病気
声・体験談
漢方一覧
店舗紹介
ご相談方法
line
シーちゃん先生
シーちゃん先生の部屋
中国の知恵に学ぶ
漢方講座
講座の内容
スケジュール
漢方ショートセミナー
漢方・薬膳レシピ
中医学って?
女性のカラダ相談
子宮内膜症
月経前症候群(PMS)
子宮筋腫
更年期障害
便秘
貧血
生理痛
チョコレート嚢腫
卵巣嚢腫
おりもの
周期療法
不妊症
男性のカラダ相談
元気をだしたい
精神的に疲れている
病院へ通院中
色々な病気コーナー
喘息・気管支喘息
自律神経失調症
認知症
慢性疲労症候群
初期のうつ状態
アトピー性皮膚炎
不眠症
パニック症候群
声・体験談
全身

上半身

下半身
足・関節
その他
メールマガジン
漢方・薬膳レシピ
特別な食材はいりません!
ぜひ“薬膳料理”に挑戦してみてくださいね♪^^
ご相談はこちら
中医学って何?
風邪の予防に 《ブロッコリーの春サラダ》
薬膳レシピ一覧へ
こんな人にオススメ

風邪
しみ・そばかす
材料(4人分)

* ブロッコリー 2個(300g)
* ゆで卵の黄身 1個分
* フレンチドレッシング
(サラダ油大さじ2、酢大さじ1、塩小さじ1、こしょう少々)
作り方

(1)ブロッコリーは食べやすい大きさに切り、塩を入れた熱湯でゆでる。

(2)ゆで卵の黄身は裏ごしする。

(3)フレンチドレッシングの材料を泡立て器で混ぜる。

(4)ブリッコリーに卵をまぶし、ドレッシングをかけて盛りつける。

食材あれこれ

ブロッコリー
・ ビタミンCの含有量が豊富で、何とレモンの2倍もあります。
 調理するときは、まずたっぷりの熱湯に塩を加えてゆでるのがポイント。
 そうすれば、ビタミンCの損失が少なくてすみます。
・ 皮膚や粘膜の抵抗力を強める(つまり風邪の菌が体内に入るのを防ぐ)
 ビタミンAもなかなか  豊富。
・ ビタミンAとビタミンCのW効果で、風邪の予防にはうってつけの野菜。

■ 野菜との付き合い方
野菜は毎日たくさん摂りたいもの。でも生野菜は体を冷やす作用が強く、冷
え症やアレルギーの出やすい体をつくってしまいます。そこでおすすめなのが、
温野菜(一度火を通した野菜のこと)。“
寒”や“涼”の性質をもつ野菜も火を通すことで、“平”や“温”へと変わり
ます。美しさと健康を求めるなら、野菜は“温野菜”がおすすめです。

応用編

■ 食べ方ワンポイント
ブロッコリーは、つぼみの所だけでなく茎も食べれます。
茎もあらかじめ食べやすい大きさに切って茹でることがポイント。
薬膳レシピ一覧へ

はじめての方はこちらのご相談方法をご覧ください!!

 

  会社概要採用情報プレスリリースリンクサイトマッププライバシーポリシーショッピング
copyright