漢方サロン アクシスアン 漢方のACSYS UN トップページへ
line
HOME
女性のカラダ
男性のカラダ
いろんな病気
声・体験談
漢方一覧
店舗紹介
ご相談方法
line
シーちゃん先生
シーちゃん先生の部屋
中国の知恵に学ぶ
漢方講座
講座の内容
スケジュール
漢方ショートセミナー
漢方・薬膳レシピ
中医学って?
女性のカラダ相談
子宮内膜症
月経前症候群(PMS)
子宮筋腫
更年期障害
便秘
貧血
生理痛
チョコレート嚢腫
卵巣嚢腫
おりもの
周期療法
不妊症
男性のカラダ相談
元気をだしたい
精神的に疲れている
病院へ通院中
色々な病気コーナー
喘息・気管支喘息
自律神経失調症
認知症
慢性疲労症候群
初期のうつ状態
アトピー性皮膚炎
不眠症
パニック症候群
声・体験談
全身

上半身

下半身
足・関節
その他
メールマガジン
漢方・薬膳レシピ
特別な食材はいりません!
ぜひ“薬膳料理”に挑戦してみてくださいね♪^^
ご相談はこちら
中医学って何?
臭みをとって食べやすくした 《にんじんとレバーの炒め物》
薬膳レシピ一覧へ
こんな人にオススメ

疲れ目
肌荒れ、乾燥肌、目のトラブル
材料(2人分)

* にんじん 中1本
* 豚レバー 100g
* 塩・コショウ・サラダ油
作り方

( 1 )レバーを牛乳について血抜きをしてから、薄く切る。

( 2 )にんじんを薄く一口大に切る。

( 3 )フライパンにサラダ油をひいて、レバーを炒める。

( 4 )次ににんじんをいれて一緒に炒める。

( 5 )塩、コショウで味付ける。

食材あれこれ

にんじん:味甘、性平(但し、生で食べると涼性)、肝・脾・肺経

・ ビタミンAと同じ効力をもつカロチンが豊富で、にんじんを3分の1食べれば1日のビタミンA摂取量は足りるといわれている。
・ 中医学では、体の各部はすべて有機的なつながりをもつと考えられ、内臓と感覚器官(目、鼻、耳など)の関連を重視している。肝は目とつながっている、だから目の健康には肝経の食べ物がよいとされる。
 にんじんは、疲れ目、夜盲症、結膜縁など目のトラブルを和らげる効果あり。
・ 皮膚を司る肺に効果のあるにんじんは、皮膚をなめらかにするので肌荒れや乾燥肌の人にとくにおすすめ。  
・ 消化不良や便を正常な状態に保つ。(下痢をとめ、便通をよくする)
・のぼせを鎮める

<知恵の森:試してみて!!>
気管支炎→すりおろしニンジン
                 気管支の粘膜を丈夫にして炎症を抑える
高血圧症→にんじんジュース
                 100gのにんじんをジュースに。
                 それを1日2,3回服用のこと。 
■ 食べ方に注意!!
  生で食べるとビタミンCを壊すので要注意!!

こんな人は要注意!!
にんじんは生で食べると涼性で体を冷やすので、冷え症の人は控えめに。

薬膳レシピ一覧へ

はじめての方はこちらのご相談方法をご覧ください!!

 

  会社概要採用情報プレスリリースリンクサイトマッププライバシーポリシーショッピング
copyright