漢方サロン アクシスアン 漢方のACSYS UN トップページへ
line
HOME
女性のカラダ
男性のカラダ
いろんな病気
声・体験談
漢方一覧
店舗紹介
ご相談方法
line
シーちゃん先生
シーちゃん先生の部屋
中国の知恵に学ぶ
漢方講座
講座の内容
スケジュール
漢方ショートセミナー
漢方・薬膳レシピ
中医学って?
女性のカラダ相談
子宮内膜症
月経前症候群(PMS)
子宮筋腫
更年期障害
便秘
貧血
生理痛
チョコレート嚢腫
卵巣嚢腫
おりもの
周期療法
不妊症
男性のカラダ相談
元気をだしたい
精神的に疲れている
病院へ通院中
色々な病気コーナー
喘息・気管支喘息
自律神経失調症
認知症
慢性疲労症候群
初期のうつ状態
アトピー性皮膚炎
不眠症
パニック症候群
声・体験談
全身

上半身

下半身
足・関節
その他
メールマガジン
漢方・薬膳レシピ
特別な食材はいりません!
ぜひ“薬膳料理”に挑戦してみてくださいね♪^^
ご相談はこちら
中医学って何?
梅雨のシーズンの食欲不振に! 《えんどう豆の甘酢炒め》
薬膳レシピ一覧へ
こんな人にオススメ

胃が重たい
口が渇く
材料(4人分)

* えんどう豆(さやなし)2カップ
* トウガラシ      2本
* 粒ざんしょう     5粒
* ねぎ         10cm
* 生姜         1かけ
* スープストック    1/2カップ
作り方

(1)えんどう豆は下茹でする。

(2)とうがらしは水につけてやわらかくしてから種を取り出す。ねぎと生姜は1cm角に切る。

(3)スープは、砂糖、酒、醤油で味を調え、片栗粉も加える。

(4)鍋にサラダ油をしいて、とうがらし、粒ざんしょうを炒め、香りが立ったらどちらも取り出す。あいた鍋に、ねぎ、生姜を入れさっと炒め、<3>を加え、味をなじませ器に盛る。

食材あれこれ

えんどう豆:味甘、性平、脾・胃経

・ 消化吸収の働きを担う脾と胃の調子が悪いと、食欲がなかったり、胃がムカムカしたり、ひどい場合は吐いてしまったりします。えんどう豆を食べると、それらの症状を和らげてくれます。 湿気が多いと胃が重たくなりがち。梅雨シーズンの食欲不振には、えんどう豆の1品が強い味方になりそう。
・ えんどう豆は、胃の陰を補ってくれるので、糖尿病などのように口がかわくときにはおすすめの食品です。


<知恵の森:試してみて!!>
・高血圧症→えんどうまめを茹でたものの絞り汁を、茶碗の半分くらいの量を目安に1日2回飲むといいでしょう。

■ 食べ方に注意!!
食べ過ぎは胃もたれや膨満感につながるので、慎みましょう。

薬膳レシピ一覧へ

はじめての方はこちらのご相談方法をご覧ください!!

 

  会社概要採用情報プレスリリースリンクサイトマッププライバシーポリシーショッピング
copyright