漢方サロン アクシスアン 漢方のACSYS UN トップページへ
line
HOME
女性のカラダ
男性のカラダ
いろんな病気
声・体験談
漢方一覧
店舗紹介
ご相談方法
line
シーちゃん先生
シーちゃん先生の部屋
中国の知恵に学ぶ
漢方講座
講座の内容
スケジュール
漢方ショートセミナー
漢方・薬膳レシピ
中医学って?
女性のカラダ相談
子宮内膜症
月経前症候群(PMS)
子宮筋腫
更年期障害
便秘
貧血
生理痛
チョコレート嚢腫
卵巣嚢腫
おりもの
周期療法
不妊症
男性のカラダ相談
元気をだしたい
精神的に疲れている
病院へ通院中
色々な病気コーナー
喘息・気管支喘息
自律神経失調症
認知症
慢性疲労症候群
初期のうつ状態
アトピー性皮膚炎
不眠症
パニック症候群
声・体験談
全身

上半身

下半身
足・関節
その他
メールマガジン
漢方・薬膳レシピ
特別な食材はいりません!
ぜひ“薬膳料理”に挑戦してみてくださいね♪^^
ご相談はこちら
中医学って何?
暑くて眠れない人! 《緑豆となすの和え物》
薬膳レシピ一覧へ
こんな人にオススメ

暑くて眠れない
むくみ
材料(4人分)

* 緑豆 1カップ
* なす 5個
* 鶏皮 100g
砂糖、塩、醤油
作り方

(1)なすはへたを取り、蒸し器でやわらかくなるまで蒸し、醤油大さじ1を全体にふりかける。つめたくなるまで冷ます。

(2)なすの水気を絞り、手で細かく裂いておく。

(3)鶏皮は裏の脂をとり、茹でて千切りのする。

(4)緑豆はゆでて、すり鉢ですりつぶす。砂糖大さじ1、塩小匙1/2、醤油小匙2/3を加えて味を調える。それになす、鶏皮を加えて和える。

食材あれこれ

緑豆:味甘、性涼、心・胃経

・ 中国では夏になるとこぞって緑豆を食べます。おかずのみならず、おやつにも緑豆バージョンが登場し、なかなかの人気です。
それは緑豆が、体を内から冷やし暑さを取り除き、さらに余分な水分の「湿」を追い出して、暑さをのりきりやすくしてくれる食べ物だからです。
昼間の暑さで夜になっても体がほてって眠れないようなときや、口が渇く、水分はたくさんとるのに小水の出が悪い、むくみがあるときなどに食べるといいでしょう。
・ 緑豆は、漢方薬でいうところの熱性の薬物による中毒反応を和らげてくれる作用があります。
熱性の漢方薬を誤って服用してしまい、肝を守ってくれます。

こんな人は要注意!!
いくら暑い夏といっても、クーラーのかかった部屋で一日中すごしているような人は体の中がすでに冷えてしまっているので、さらに冷やす必要はありません。

自分が身を置く環境などもよく考慮して、上手に食べ物を選びましょう。

薬膳レシピ一覧へ

はじめての方はこちらのご相談方法をご覧ください!!

 

  会社概要採用情報プレスリリースリンクサイトマッププライバシーポリシーショッピング
copyright