耳鳴り 色々な病気コーナー<漢方相談>

 

耳鳴り

耳鳴りのお客様体験談
耳鳴りのご相談方法
東洋医学的解説  西洋医学的解説  気になる予算は?

耳鳴りの東洋医学的解説
耳鳴りの得意度3

気が不足している
ストレスが溜まって長期にわたって悩んでいたり、精力を使うような仕事をしていたり、例えば外で肉体労働又は頭を使う仕事を長時間に行っていると、元気が不足してきて耳鳴りになるということがあります。

胃腸が弱い
胃腸が弱っており、食べたものをきちんと吸収できないと、体にとって良い成分が行き渡らないため耳鳴りになったりします。

気分によっての耳鳴り
ストレスを和らげる働きをもつ”肝”が弱ったため、耳鳴りになります。顔が赤い・又は怒りっぽい人の耳鳴りはこのタイプと言えるでしょう。

食べ物の嗜好によって発生する耳鳴り
お酒を沢山飲む、味の濃いものを好み毎日食べたり飲んだりしてる人の耳鳴りはこのタイプです。
舌を鏡に写してみてください。舌苔が沢山生えている人の耳鳴りはこのタイプです。

風邪による耳鳴り
感冒や発熱などによって発生する耳鳴りです。
風邪にかかっている最中に耳鳴りがするのはこちらのタイプです。

ACSYS UNではこう対応します!!

元気が無いタイプの耳鳴りは、元気を補う漢方+耳の血流を良くするサプリメント

胃腸が弱いための耳鳴りは 胃腸を強くして、耳の血流を良くするサプリメント

気分によって左右する耳鳴りは、ストレスが体に影響しないように、ストレスに対応できる体作りと耳の血流を良くするサプリメント

食べ物の嗜好によっての耳鳴りは、食事を改善していただき、食べ物で起こった耳鳴りの原因体にこもった熱を冷ますことと、耳の血流をよくするサプリメント

風邪のよる耳鳴りは、風邪の早期回復を目指して、体力をアップする栄養剤などをお出ししています


耳鳴りのお客さま体験談

耳鳴りの改善例はこちら。

お客様の貴重な体験談を掲載させていただいてます!
お読みになるときっと勇気が湧いてきますよ♪
耳鳴りのお客様体験談
耳鳴りのご相談方法

耳鳴りの気になる予算は?

耳鳴りは、症状が出てからすぐのほうが、改善しやすいことは確かです。
ACSYS UNで改善した人もいますが、全然変わらないという方もいます。

音の高い耳鳴り、キーーーンというタイプは改善されたかたが多く見受けられますが 、音の低い ジージーといった耳鳴りはなかなか手ごわいところだと思います。

色々な症状によって出すものが違ってきます。
お電話でご相談いただいたほうがよりよい結果を導き出せると思いますのでぜひお電話でご相談下さい。
お出しする商品の組み合わせにより、 
だいたい 1ヶ月 ¥20,000前後  の予算がかかります。

ミネラル不足なあなたに!お勧め商品のご紹介
シーちゃん先生やアクシスアンスタッフも愛飲♪
自然由来のものを中心に原料にした、健康食品『Un's Body Care(アンズボディア)は体への吸収も良く、ミネラルも豊富に含まれています!!
「ミネラル不足かも…」という方は1度お試しになってみては!?              >>詳しくはこちら


Un's Body Care お試しパック
Un's Body Careお試しパック

Un's Body Care(アンズボディケア)
Un's Body Care

様々な体調不良に!お勧め商品のご紹介
アクシスアンの自社製品 第2号、豚プラセンタ使用
健康食品『Un's Placenta(アンズプラセンタ)女性ホルモンや自律神経のバランスを調節する働きがある他、免疫力・抵抗力を高める作用があります。

>>詳しくはこちら


Un's Placenta(アンズプラセンタ)お試しサイズ
Un's Placentaお試しサイズ


Un's Placenta(アンズプラセンタ)
Un's Placenta


耳鳴りの西洋医学的解説

耳鳴りとは、外界に音が無いのにある種の音がしているように耳で感じ取るもので、紀元前1600年のエジプトでは、耳鳴り治療に薬液を耳に流し込んでいる絵がパピルスに描かれているほど昔からあります。現代でも人口の10〜20%が耳鳴りを感じて おり、特に65歳以上では30%近くが耳鳴りの経験があると報告しています。アメリカでも、55%が両耳での耳鳴りがあり、24%は頭の中で耳鳴りがしていると答えています。

耳が音を感ずるメカニズムでは、内耳の中の蝸牛器官が内耳に到達した音の振動を電気信号に転換する働きを行っています。
蝸牛の中には低音から高温まで個々の音に反応する感覚細胞が、ピアノの鍵盤のように順序良く配列しています。例えば、ピアノの鍵盤が押して元に戻らなくなったら、一定の音がずっと鳴り続きますが、耳鳴りもちょうどそのような状態になるのです。
高音を感受する感覚細胞が故障すると、そこから過剰な自発放電が持続的に中枢に送られ、高音の耳鳴りとなって自覚されます。
低音の場合も同じことです。

耳鳴りには、本人だけが自覚する自覚的耳鳴りと、体の内部に音源があってそれが本人以外にも聞こえる他覚的耳鳴りがあります。
耳鳴りの大部分を占めるのが自覚的耳鳴りです。耳鳴りの原因は不明な点が多いのですが、一般には内耳障害や聴神経障害の一症状として引き起こされるもので、様々な要因が挙げられています。


外因性のものとしては、頭部外傷や大きな音によって障害が起こる音響外傷、騒音、気圧外傷などで、内因性では化膿性内耳炎やウィルス性(ムンプス、ヘルペス)内耳炎、内耳梅毒、耳垢が詰まる耳垢栓塞、耳の管が狭くなる耳管狭窄症、その他滲出性中耳炎、中耳炎などがあります。


また、急性のものには、突然耳が聞こえなくなる突発性難聴やメニエール病が挙がっています。
高血圧症、動脈硬化症、腎不全、糖尿病、自己免疫疾患なども内耳障害を起こす全身疾患と考えられています。
さらに、病気ではなくストレスや睡眠不足、過労、二日酔いでも耳鳴りは起こります。耳鳴りには徐々に発生してくるものと、急激に出現するものがあります。

徐々に起こるものには原因不明の感音性難聴に合併するものが多く、急性発症では比較的に原因を特定しやすいといえるでしょう。

耳鳴りの治療
【薬物療法】
ビタミン剤、血管拡張剤、血流改善剤などを使用します。
また、肩こりや心身症、抑うつ状態を引き起こしている場合にはそれを軽減する薬物を使用します。
 
【心理療法】
耳鳴りによる不安や意識集中により苦痛の程度は左右されます。
また、ストレスなども誘因の一つとして挙げられます。
必要であればカウンセリングなどを受け、自律訓練法などの心理療法を行い苦痛の軽減に努めます。

【その他】
マスカー療法(マスキング療法)
器具を使用して耳鳴りに似た周波数の雑音を聞かせることによって耳鳴をコントロールするという方法です。





はじめての方はこちらのご相談方法をご覧ください!!


 

  会社概要採用情報プレスリリースリンクサイトマッププライバシーポリシーショッピング
copyright
耳鳴りの相談
頭(耳鳴り)
漢方サロン アクシスアン 漢方サロンACSYS UN トップページへ
line
HOME
女性のカラダ
男性のカラダ
いろんな病気
声・体験談
漢方一覧
店舗紹介
ご相談方法
line
シーちゃん先生
シーちゃん先生の部屋
スペース
あったかショッピングはこちら
スペース
中国の知恵に学ぶ
女性のカラダ相談
男性のカラダ相談
色々な病気コーナー
声・体験談
メールマガジン
ご相談までの手引きへ