胃炎 色々な病気コーナー<漢方相談>

 

胃炎

胃炎のお客様体験談
胃炎のご相談方法
東洋医学的解説  西洋医学的解説  気になる予算は?

胃炎の東洋医学的解説
胃炎の得意度3
胃痛の漢方のタイプ別種類は大まかに分けると、こちらになります。

冷えて痛い
冷たいものを食べた時に突然胃痛が起こるタイプ

食べ過ぎて痛い
何か食べると胃痛が起こる、食べ過ぎると痛い

ストレスがたまると痛い
ストレスが胃に負担をかけてしまうタイプ

血液の流れが悪くて痛い
胃に充分な血液が行かないために起こる

それぞれのタイプをご相談で見極め、漢方と養生で改善に導きます。

胃炎のお客さま体験談

胃炎の改善例はこちら。

お客様の貴重な体験談を掲載させていただいてます!
お読みになるときっと勇気が湧いてきますよ♪
胃炎のお客様体験談
胃炎のご相談方法

胃炎の気になる予算は?
お話を伺い予算を決めますので一概には言えませんが、

大体1ヶ月 ¥15,000〜。
早寝早起き、しっかりとした栄養を取る事が大前提です。
夜寝不足が続いている方は改善まで時間がかかります。
生活習慣を改善できる方、ご相談ください。

お客様の平均予算は ¥26,000位 ・・・胃炎以外にも色々な症状が重なっているため

<アクシスアンからのお願い。>
体験談には改善されましたお客様の実際かかった1か月分のご予算が掲載されております。
できましたら、該当するお悩みのお客様体験談を全てお読みになっていただき
ご自身の体の状態と一番近い方ご予算をご参考になさっていただけたら幸いです。


胃炎の西洋医学的解説

胃の壁は4層から成り立っています。
1番外側からしょう膜、筋層、粘膜下層、粘膜となっています。

何らかの原因によって胃内の粘膜に炎症が起きたものを胃炎といいます。
胃炎には急性と慢性のものがあり、急性胃炎の場合は重症となることもあります。

胃炎の原因
・ヘリコバクターピロリ菌の感染
・嗜好品(アルコール、香辛料の多量摂取など。)
・ストレス
・薬物(非ステロイド性抗炎症薬、鎮痛剤など。)
・感染性(食中毒などによるもの。)
・放射線性(がんなどの治療での使用によるもの。)

胃炎の症状
・上腹部痛
・胸焼け
・嘔気、嘔吐
・発熱
・下痢
・吐血、下血

胃炎の治療
食事療法
1日くらいは絶食をし胃を休めるようにします。
症状をみて徐々に食事を開始します。
最初はスープなどの流動食から開始し重湯、お粥といった食事にしていきます。

刺激物、アルコール等は禁止します。
水分摂取を促し脱水症状に気をつけます。

薬物療法
胃液分泌抑制剤
胃粘膜保護剤
制吐剤
消化剤

その他
ストレスなどによって胃に負担をかけないようにします。





はじめての方はこちらのご相談方法をご覧ください!!


 

  会社概要採用情報プレスリリースリンクサイトマッププライバシーポリシーショッピング
copyright
胃炎 色々な病気コーナー
上半身(胃炎)
各店お問合せ先番号/営業時間10:00〜18:30
漢方サロン アクシスアン 漢方サロンACSYS UN トップページへ
line
HOME
女性のカラダ
男性のカラダ
いろんな病気
声・体験談
漢方一覧
店舗紹介
ご相談方法
line
シーちゃん先生
シーちゃん先生の部屋
スペース
あったかショッピングはこちら
スペース
中国の知恵に学ぶ
女性のカラダ相談
男性のカラダ相談
色々な病気コーナー
声・体験談
メールマガジン