漢方サロン アクシスアン 漢方のACSYS UN トップページへ
line
HOME
女性のカラダ
男性のカラダ
いろんな病気
声・体験談
漢方一覧
店舗紹介
ご相談方法
line
シーちゃん先生
シーちゃん先生の部屋
中国の知恵に学ぶ
漢方講座
講座の内容
スケジュール
漢方ショートセミナー
漢方・薬膳レシピ
中医学って?
女性のカラダ相談
子宮内膜症
月経前症候群(PMS)
子宮筋腫
更年期障害
便秘
貧血
生理痛
チョコレート嚢腫
卵巣嚢腫
おりもの
周期療法
不妊症
男性のカラダ相談
元気をだしたい
精神的に疲れている
病院へ通院中
色々な病気コーナー
喘息・気管支喘息
自律神経失調症
認知症
慢性疲労症候群
初期のうつ状態
アトピー性皮膚炎
不眠症
パニック症候群
声・体験談
全身

上半身

下半身
足・関節
その他
メールマガジン
漢方・薬膳レシピ
特別な食材はいりません!
ぜひ“薬膳料理”に挑戦してみてくださいね♪^^
ご相談はこちら
中医学って何?
簡単につくれちゃう! 《きくらげのしぐれ煮》
薬膳レシピ一覧へ
こんな人にオススメ

肌あれ
咳、痰、喉の渇き、便秘、血便、吐血など
材料(4人分)

* くろきくらげ  20g
* しょうが    1かけ
* だし      1〜1.5カップ
作り方

(1)きくらげはたっぷりの水につけ、ごみをとり、水気をきって おく。

(2)なべのサラダ油をしいて、きくらげと生姜の薄切りを炒める。

(3)だしを加え中火で煮たて、醤油・みりん・塩で味をととのえ、 汁気がなくなるまで煮る。

食材あれこれ

くろきくらげ: 味甘、性平、肺、胃・肝経

  • 不老長寿食品の一つに挙げられる「くろきくらげ」は、「気血を補い、肺を潤し、血を止める」食品といわれています。
  • 肺や胃の経絡に入って気を補うといのうは、実際には、津液が満たされるということなので、肺の津液不足からおこる咳や痰がからむ、肌の乾燥といった症状、あるいは、胃の津液不足から起こる喉の渇きや便秘といった症状を緩和させてくれる働きがあります。
  • また気には、血液が正しく流れるように見張りをするような役割もあります。その気が不足すると、血便が出たり、吐血したり、痔になったり…といった血液の交通異常も。きくらげを常食すると、そんな症状も緩和されます。
  • 気が満たされると血液の流れもスムーズに。流れがよくなると、血液の浄化も進みます。

<知恵の森:試してみて!!>

  • 血便を伴う腹痛 →きくらげ15gとザラメ60g、水300mlを煮て食す。
  • 血液サラサラに →蒸しきくらげ。
    1.きくらげ3gを一晩水につける。
    2.1時間蒸す
    3.氷砂糖を入れて食べる。
薬膳レシピ一覧へ

はじめての方はこちらのご相談方法をご覧ください!!

 

  会社概要採用情報プレスリリースリンクサイトマッププライバシーポリシーショッピング
copyright