漢方サロン アクシスアン 漢方のACSYS UN トップページへ
line
HOME
女性のカラダ
男性のカラダ
いろんな病気
声・体験談
漢方一覧
店舗紹介
ご相談方法
line
シーちゃん先生
シーちゃん先生の部屋
中国の知恵に学ぶ
漢方講座
講座の内容
スケジュール
漢方ショートセミナー
漢方・薬膳レシピ
中医学って?
女性のカラダ相談
子宮内膜症
月経前症候群(PMS)
子宮筋腫
更年期障害
便秘
貧血
生理痛
チョコレート嚢腫
卵巣嚢腫
おりもの
周期療法
不妊症
男性のカラダ相談
元気をだしたい
精神的に疲れている
病院へ通院中
色々な病気コーナー
喘息・気管支喘息
自律神経失調症
認知症
慢性疲労症候群
初期のうつ状態
アトピー性皮膚炎
不眠症
パニック症候群
声・体験談
全身

上半身

下半身
足・関節
その他
メールマガジン
漢方・薬膳レシピ
特別な食材はいりません!
ぜひ“薬膳料理”に挑戦してみてくださいね♪^^
ご相談はこちら
中医学って何?
ふらつきやイライラに 《牡蠣ごはん》
薬膳レシピ一覧へ
こんな人にオススメ

貧血
ストレスでイライラ、情緒不安定、胸騒ぎがして眠れない
材料

* 米     3カップ
* 牡蠣    250g
* だし昆布  8センチ角3〜4枚
* 薄あげ   2分の1枚
* こんにゃく 2分の1枚
* ちくわ   2分の1本
* にんじん  中4分の1本
* ごぼう   50g
* 薄口醤油  40cc 
* 酒     適宜   
作り方

(1) 米は炊く1時間前に洗ってザルにあげておく。

(2) 牡蠣はボールに水を入れよく洗う。(ボールの水を3回くらい替える要領)

(3) 牡蠣をザルに上げて酒をふる。

(4) 沸騰したお湯の中に牡蠣をいれて一煮たちさせる。

(5) 牡蠣をザルにとる。お湯はボールにとっておく。

(6) こんにゃくは水にいれて火にかけ一煮たちさせる。

(7) 薄あげ、ちくわ、にんじん、Eのこんにゃくは細かく切る。

(8) ごぼうは笹がきにして切り、水につけてアクをぬく。

(9) (7)と(8)に薄口醤油をかけ一緒に混ぜ合わせる。

(10)米にだし昆布、薄あげ、ちくわ、にんじん、こんにゃく、ごぼう、牡蠣とDのお
湯を加え水をたして炊く。

食材あれこれ

牡蠣:味甘・咸、性平、帰肝経
・ 牡蠣はグリコーゲンがふえる冬場が旬。味もグーンとアップ。
・ 鉄分が豊富で、貧血の養生食の代表格。
・ 中医学では、ストレスに強くなるには肝臓を鍛えるべしといわれている。
 牡蠣は肝臓の働きを強めて、ストレスに強い体をつくる。
 ひいてはイライラを鎮め、神経を落ち着かせる。

<知恵の森:試してみて!!>
・ カルシウム不足→牡蠣の殻を焼いて粉末にしたものを空腹時に飲む。
・ 血栓予防  →牡蠣の殻スープ貝殻を洗ってスープに。

こんな人は要注意!!
牡蠣は生で食べると体を冷やすので、冷え症の人は謹んで。

薬膳レシピ一覧へ

はじめての方はこちらのご相談方法をご覧ください!!

 

  会社概要採用情報プレスリリースリンクサイトマッププライバシーポリシーショッピング
copyright