漢方サロン アクシスアン 漢方のACSYS UN トップページへ
line
HOME
女性のカラダ
男性のカラダ
いろんな病気
声・体験談
漢方一覧
店舗紹介
ご相談方法
line
シーちゃん先生
シーちゃん先生の部屋
中国の知恵に学ぶ
漢方講座
講座の内容
スケジュール
漢方ショートセミナー
漢方・薬膳レシピ
中医学って?
女性のカラダ相談
子宮内膜症
月経前症候群(PMS)
子宮筋腫
更年期障害
便秘
貧血
生理痛
チョコレート嚢腫
卵巣嚢腫
おりもの
周期療法
不妊症
男性のカラダ相談
元気をだしたい
精神的に疲れている
病院へ通院中
色々な病気コーナー
喘息・気管支喘息
自律神経失調症
認知症
慢性疲労症候群
初期のうつ状態
アトピー性皮膚炎
不眠症
パニック症候群
声・体験談
全身

上半身

下半身
足・関節
その他
メールマガジン
漢方・薬膳レシピ
特別な食材はいりません!
ぜひ“薬膳料理”に挑戦してみてくださいね♪^^
ご相談はこちら
中医学って何?
トイレの回数が増えたら 《銀杏と卵の炒め物》
薬膳レシピ一覧へ
こんな人にオススメ

頻尿
夜尿症・気管支ゼンソク・痰・下痢
材料(4人分)

* ぎんなん   1カップ
* たまご    3個
* 干しえび   おおさじ1
* 生椎茸    2個
* にんにく、しょうがのみじん切り 適宜
スープ、酒,砂糖、塩
作り方

(1)銀杏はフライパンに塩を入れて音がするまで炒り、水に入れ、
布きんに包み、メンボウでたたいて殻と薄皮をとる。

(2)生椎茸は軸をとり小さ切る。

(3)干しえびは水に入れて戻す。

(4)たまごは割って解きほぐし、塩・コショウをいれる。

(5)たまごをフライパンでサッと炒り、お皿に移す。

(6)にんにく、しょうが、生椎茸,干しえび、銀杏を炒り、スープ、酒,砂糖,塩を加え、水で溶いた片栗粉を入れ,最後に卵を加えて出来上がり。

食材あれこれ

銀杏:味甘・微苦、性平、肺・脾・腎経

・中国では古くから強壮・強請の妙薬として知られています。
また、生命エネルギーを貯蔵している腎に働きかけ、頻尿によく、
子どもの夜尿症にも効くといわれています。
・肺が虚して、咳が止まらない(気管支ゼンソク)、あるいは痰が
多く出るときに、銀杏がお勧め。気管支の調子が悪いな〜と思った
ら、銀杏を常食するといいかも。
・消化器系統〔脾〕の調子が悪く、お腹を下しているときのも。
・以上、銀杏は、小水・下痢・咳などが体から拡散していこうとす
るのをギュッと堅め、正常な状態に戻す(小水・咳の回数が減る。
下痢が普通の便に)働きがあるといえます。

応用編

■ 食べ方に注意!!

銀杏にはアルカロイドという毒性が含まれるため、一度にたくさん
食べ過ぎると、嘔吐・消化不良・呼吸困難などの中毒症状を起こす
ことがあります。大人なら1日10個,子どもなら1日5個を限度
に食べましょう。

薬膳レシピ一覧へ

はじめての方はこちらのご相談方法をご覧ください!!

 

  会社概要採用情報プレスリリースリンクサイトマッププライバシーポリシーショッピング
copyright