生理時の頭痛 女性のカラダ相談<漢方相談>

 

生理時の頭痛

生理時の頭痛のお客様体験談
ご相談方法はこちら
気になる予算は?  
生理時の頭痛の東洋医学的解説
生理時の頭痛の得意度5

生理時の頭痛
月経の度、または前後に頭痛が生じます。普段は頭痛が起こらないのに月経中、または月経前後に頭痛が始まります。

つまり出血している最中に悪化することを考えれば、が不足していることが主な原因ということが出来ます。

中医学で言う血が不足しているというのは貧血検査の数値で確認できなくても
以下の症状に当てはまると「あ、血が不足しているのかな」と検討します。

<中医学的(漢方的)、血が不足している人の症状>

  • 髪の毛がぱさぱさしている
  • 肌が乾燥気味
  • 筋肉がぴくぴくする
  • 集中力が低下する
  • 忘れっぽい
  • 不安感がある
  • 寝付きが悪い、不眠がちである、夢を沢山見る
  • 月経の量が最近少なくなる、または生理が遅れがちである
などです。

<漢方>
血を補う漢方、鉄やミネラルなどの血を補う事が出来るサプリメントや食事療法によって対応します。

 

次に多いのが、血の流れの悪い人、気の流れが悪い人。
<気の流れが悪い人>

  • 気分がすっきりしない、ため息をつく、またはイライラする
  • 気分にむらがある
  • 胸がはる
などの症状があれば気の流れが悪い人です。

<漢方>
気の流れをスムーズにする漢方で対応します。

 

気の流れが悪いと、同時に血の流れが悪くなります。
<血の流れの悪い人>

などが該当すれば血の流れの悪い人です。

<漢方>
血の流れをスムーズにする漢方で対応します。

また、複数原因で生理前の頭痛が起こっている方も沢山いらっしゃいます。
原因によってそれぞれの漢方をお勧めして対応しています。

>>中医学用語辞典をチェックする

生理時の頭痛のお客さま体験談

不定愁訴の改善例はこちら。
→月経前症候群(PMS)の体験談もご覧下さい。

お客様の貴重な体験談を掲載させていただいてます!
お読みになるときっと勇気が湧いてきますよ♪
不定愁訴のお客様の声
不定愁訴のご相談方法

生理時の頭痛の気になる予算は?

1ヶ月 ¥10,000

 

  会社概要採用情報プレスリリースリンクサイトマッププライバシーポリシーショッピング
copyright
子宮内膜症の相談
各店お問合せ先番号/営業時間10:00〜18:30
漢方サロン アクシスアン 漢方のACSYS UN トップページへ
line
HOME
女性のカラダ
男性のカラダ
いろんな病気
声・体験談
漢方一覧
店舗紹介
ご相談方法
line
シーちゃん先生
シーちゃん先生の部屋
スペース
あったかショッピングはこちら
スペース
中国の知恵に学ぶ
女性のカラダ相談
男性のカラダ相談
色々な病気コーナー
声・体験談
メールマガジン
ご相談までの手引きへ